千島学説とは?

2009年 6月 05日(金曜日) 20:35 南天
印刷

            千島学説とは? 

医学や生物学の定説とされている「細胞分裂説」 「骨髄造血説」などの致命的な勘違い・間違いを、入念な顕微鏡観察によって指摘した革命的な医学・生物学理論体系(8大原理から成る)。

発表当初はノーベル医学・生理学賞にもノミネートされたが、現代医療と医療のあり方を根底から変革し、覆してしまうことにもなりかねないこの千島学説は、やがて学界、医療産業界から徹底的に無視、排除、封印されるようになった。

だがその後、現代医学のガン治療が行き詰まりを見せているだけでなく、「万能細胞」 が千島学説の正しさを示唆したり、「ソマチッド(極微生命体)」が明らかにされる等々により、再び「千島学説」が注目され、現代に蘇りつつある。

 革新の生命・医学8大原理とは

1.赤血球分化説

    赤血球はすべての細胞になる母体である。

2、血球の可逆的分化説

    栄養不足のときは組織や細胞から血球へ逆戻りする。

3、バクテリアの自然発生説

    バクテリアやウイルスは自然発生する。

4、細胞新生説

    細胞の増殖は分裂ではなく主として細胞新生による。

5、腸造血説(赤血球の起源)

    赤血球は骨髄ではなく、腸で造られる。

6、遺伝学の盲点と生殖細胞血球説

    生殖細胞は血球からできる。だから既成の遺伝子学は、環境を重視するよう変革されなければならない。

7、進化論の盲点批判  共生的進化説

    人間の生物進化の主要因は、弱肉強食ではなく、共生(相互扶助)であり、自然との調和にある。

8、生命現象の波動・螺旋説 生命弁証法

    生命や自然は波動と螺旋的に不断に変化してやまない。ゆえに生命科学の哲学は生命弁証法でなければならない。

      【じあいネット】        http://ji-ai.net/

ガン宣告から満4年

        じあいネット記念CDより抜粋 

 

 

最終更新 2009年 6月 11日(木曜日) 16:33