なぜ足を揉むと健康になるのでしょう

2009年 3月 26日(木曜日) 20:40 南天
印刷

足を揉む事で何が解るのか

  初級編

普段 自分の足をじっくり見た事がありますか?
 いつもはあまり気に止めていない足ですが 実は健康にとってとても大切な役割を果たしているのです
地球の引力の関係で身体の中の汚れ(新陳代謝で出る老廃物等)が足に溜まりやすくなります 足に汚れが溜まると内臓への負担が重くなります
足(膝から下 64カ所)にある 足つぼ:反射区を指でくまなく刺激:揉む事により新陳代謝が活発になり 血液やリンパの流れを改善し 体内の老廃物を体外に排泄する機能を強めて
人間が本来持っている自然治癒力:免疫力を高める事が出来るからです
で!  ここで問題になるのが足に足つぼ:反射区があると認識する事がむずかしい
確かに足を解剖してみても足つぼ:反射区がこの目で見えるワケないし・・困りましたね

いくつになっても健やかな体を。

ご質問がありましたので お答えいたします

『なぜ 足に老廃物が溜まると、内臓への負担が重くなるのですか?』


足に老廃物が溜まっている人は、足の血管を圧迫し、血液がはね返されて、足に行くはずの血液も上半身へと流れ、余分な血液が上半身を巡ってしまいます
そして 上半身の仕事量が多くなり、内臓に負担が掛かります
病気や身体の老化へと進行していきます