アトピー性皮膚炎と足もみ

2009年 4月 08日(水曜日) 19:40 南天
印刷

日本若石マスターズ協会会報  【じゃくせきウィークリー通信】にのった 熊本県 籠田貴代美先生の記事です

「籠ちゃん元気に足もみの仕事やってる? 人と接する仕事は体力一番だからね。

では、透明の近況報告です。今年から3年ぶりにプールの授業を受けられる様になりました。

もっと凄いのが、紫外線に強くなってること。                                        時々赤くなって少しかゆみが出たりするけど、ただれなくなったの。

昨日なんて、あの炎天下の中(江ノ島)へ友達と行って来たらしいんだけど、きれいに日焼けしているだけで、炎症らしい状態じゃないんだよ。 これにはビックリ!

長い間アトピーに悩んでいると、つい即効性を求めてしまいがちだけど、(それはどこの親も同じ気持ち)  継続は力!! 去年の事を考えれば随分よくなっているの。だってプールに入れるんだよ!ほんとに改善に向かってるよ。

                                                                 若石の先生の勧めで、食生活にも力をいれて、足もみも頑張って家でもやってるの。時々痒がるけど、効果バッチリだから!! 籠ちゃんも頑張ってね!」

 

これは、息子の重度のアトピーで悩んでいた友人からのメールです。去年の春、若石の勉強をしていた時、足もみはアトピーに有効である事を知りました。

友人の息子は重度のアトピーで、夜もシーツが血だらけになるほどでした。母親も昼は仕事、夜は痒がる息子の世話で寝られず、本当に地獄の毎日を送っていました。

友人に息子を足もみで治してあげようと思ってた矢先、主人の転勤で熊本に行く事になり、日本分会のサロン「まね氣まん足」を紹介したのでした。

あれから1年3ヶ月、このメールをもらいました。

やっぱり若石はすごい!!と思うのと、あーずっと足もみ頑張ってやってたんだ。という感動!やはり母親の愛はすごい。

友人からの【継続は力】という言葉は若石では常識でも、熊本でひとり、若石を細々とやっている私には本当に感動を与えてくれました。

時には落ち込んだりと悩みは尽きませんが、改めて若石と出会ってよかったと思います。  そしてたくさんの人に若石を知ってもらえるよう、ずっとずっと頑張って続けて行こうと決心したのでした。